40代未経験転職|実際の利用者がおすすめする求人サイトランキング

40代で初めて転職する場合、ハローワークや転職サイトに掲載されている応募できる求人の少なさと、提示されている給与の低さに愕然としたことでしょう。そして、いかに40代の転職活動が厳しいということを実感されたのではないでしょうか。

 

当サイトは、40代で未経験可への転職をする方を応援する支援サイトです。

 

サイトコンテンツには、人材紹介会社を利用したおかげで転職を成功させた事例集や、役立つ転職エージェントの見分け方、未経験の業種でも応募できる求人サイト情報だけでなく求人の見分け方や読み方などが掲載されています。

 

40代でも転職を成功させる秘訣をお教えしていますので、もう40代だから転職できないとあきらめることなく転職を成功させることを応援します。

 

40代未経験転職|実際の利用者がおすすめする求人サイトランキング

リクナビNEXT

  • サイト登録が無料で行えるだけでなく、毎週更新される求人も多数あり絞り込み検索ができます。
  • 高額報酬が望めるハイクラスの転職エージェントサービスがあり、転職のアドバイスからさまざまな交渉も代行してくれるため、転職がスムーズに運ぶことがあります。
  • 匿名でスカウト登録しておくとすることで、非公開の求人オファーが受けられます。
おすすめ度

リクルートエージェント

  • 取扱求人の90%が非公開求人のため、40代でも応募できる求人が多い。
  • 紹介実績が高いため、企業との信頼関係も高く、応募する際には口添えや推薦などをしてくれるので一般応募より内定率が高くなる。
  • 応募する場合には、書類選考に通過する応募書類の書き方を、面接では面接官対策や想定問題など内定にむけてさまざまなサポートやノウハウを伝授してもらえる。
おすすめ度

先の心配をする必要性の違い

 

 今現在のことだけを考えて生きる、なんて、現代社会ではできるはずもありません。将来のことを考えなければなりませんし、それを考えつつ仕事を探したり職に就いたりしなければならないのです。

 

 仕事を探すと言えば、正規雇用として働くか非正規雇用として働くかも、とても重要な選択となるでしょう。

 

“有り”ならみんなやってます

 

 休職中の方は、こんなことを考えたことはないでしょうか。「休職中の転職活動は、果たして有りなのか、それとも無しなのか」。

 

 考えたことがあるからこそ、今これを読んでいるのかもしれませんが、もし40代のあなたが今まで「休職中の転職活動は有りなのか無しなのか」の答えについてあまり耳にしたことがないのであれば、それは、現実的に休職中に転職活動を行う人がほとんどいないということを示しているのかもしれません。

 

試用期間を経て本採用へ

 

 転職活動の後、入社が決まると、恐らく試用期間が最初に待つハードルとなるのではないでしょうか。試用期間とは、さまざまな意味合いを持って捉えられる制度ですが、平たく言ってしまうと、企業による従業員に対しての審査期間。

 

「まだ検討段階であること」を伝えてみる

 退職の相談をした時に引き止めにあってしまったら、とりあえず、「まだ検討段階です」と伝えておきましょう。最初の段階で頑に「退職することに決めました」と押し切ろうとすると、退職するその瞬間まで険悪なムードのままとなってしまうかもしれません。

 

40代未経験の転職でお礼状が必要な理由

 

 通常、企業が40代を中途採用する際には、即戦力として、成果をあげることを期待しているものです。そのため、未経験職種への40代での転職は、難しいのが現実です。

 

 一方で、現職の業界の将来性に疑問を感じ、異業種への転職を考える40代は増えつつあります。だからこそ、未経験職種の転職面接を終えたら、お礼状を書く習慣をつけてほしいのです。

 

入社当日の心得

 

 40代といえども、中途採用者が新入社員であることに、かわりはありません。

 

 特に年下の既存社員は、目上の新入社員がどんな人物なのかを見極めて、どんな付き合い方をしていくのかを検討しようと考えています。
 自分が仕事をしやすい環境をつくるうえでも、当面は社内に幅広い情報源を持っておく方がよいですから、第一印象を良くして、会話の糸口がつかめるように配慮しましょう。

 

 

内定時に確認しておくべきこと

 

 内定の連絡をもらったら、まず労働契約内容を書面で確認するのがセオリーです。

 

 40代の応募者の場合、勤務条件を交渉できるのは、このタイミングが最後なので、対面で「労働契約書」を明示してもらうアポを取りましょう。

 

 なぜなら、そこで条件合意できれば、その場で入社を承諾し、入社に必要な手続きの確認ができるからです。

 

 

円満退職のための手続き

 

 40代が退職トラブルを起こすと、転職先でも受け入れを検討し始める可能性が高くなるので、円満退職できるように、きちんと退職スケジュールをたてておくことをおすすめします。

 

 40代ともなれば、職位がついているひとが多いと思いますので、後任人事と引き継ぎ期間を考慮して、自分なりに計画をたてておき、さらに会社側と話し合って、譲歩するように心がけてください。

 

 

質疑応答に関するNG

 

 40代ともなると、積んできたキャリアやスキルが多岐にわたるので、面接で自己アピールしようとしすぎて、話し過ぎてしまう応募者が少なくないようです。

 

 特に、大手企業から中小企業への転職面接や、面接官が年下や女性だった場合、知らず知らずのうちに面接の回答が自慢話になり、態度も横柄になっていくことで、不採用につながるケースが後を絶たたないのです。

 

 

 

 

ミドル世代だから身だしなみが大事

 面接官は応募者に対する第一印象を、入室してから約5分間で決めると言われています。
 面接官に好感を持ってもらうためには、立ち居振る舞いももちろん大事なのですが、見た目の印象が良いことが絶対条件であることを意識する必要があります。

 


トップページ 40代転職5ステップ トップページ