休職中の転職活動は有りなの?その答えがわかります

“有り”ならみんなやってます

 

 休職中の方は、こんなことを考えたことはないでしょうか。「休職中の転職活動は、果たして有りなのか、それとも無しなのか」。

 

 考えたことがあるからこそ、今これを読んでいるのかもしれませんが、もし40代のあなたが今まで「休職中の転職活動は有りなのか無しなのか」の答えについてあまり耳にしたことがないのであれば、それは、現実的に休職中に転職活動を行う人がほとんどいないということを示しているのかもしれません。

 

 もし“有り”なのであれば、みんなそうしているでしょう。そして、その話は幾つも耳に入ってくるはずです。つまり、そういうこと。

 

 みんながやっていないからやってはいけないということは、もちろんありません。しかし、成功する可能性が限りなくゼロに近いからみんなやっていない、そう解釈するのが自然なのではないでしょうか。

 

評価が下がる最大の原因

 

 休職中に転職のためにあれこれ動いたとしても成功する可能性が限りなくゼロに近いその理由は、人事担当者からの評価が下がるからです。

 

 応募する時には、「この仕事ならできる」、「もう休職になんてなったりしない」と思うかもしれません。しかし、それはあなたの主観的な意見や感情に過ぎず、面接でいくら自分をアピールしても人事担当者は客観的にあなたを見るため、そのアピールを真に受けてくれる可能性は非常に低いと考えられます。

 

 一度休職した経験がある人を評価するのは難しく、それが今まさにその真っ最中であったなら、評価が下がるというよりも評価するに値しないと考えるのが人事担当者の心理であり責任。それは単純に、「どうせまた休職するんだろう」と思われてしまうからに他なりません。

 

40代という年齢もネックに?

 

 あなたがもし20代であれば、人事担当者もチャンスをくれるかもしれません。それでも休職中というのはまずいですが、それ以上に40代というあなたの年齢がネックになる可能性が非常に高いでしょう。

 

 休職の状態を解消することなく転職活動をしている人を無責任に感じたり、どこかに欠陥があるのではと勘繰ったりするのが人事担当者の仕事だと考えれば、40代でそれだとやはり評価をしてもらうこと自体が困難。

 

 40代ということを考えれば、まずやるべきなのは“休職中ではないあなた”になることであり、そこから転職活動を本格的に始めることのはずです。

 

 

<関連記事>
40代の転職実績
市場価値を知って戦略を練る
転職にはタイミングがある


トップページ 40代転職5ステップ トップページ