求人情報媒体の特色を理解する

求人媒体によってメリットがある

 

 40代が活用する求人情報媒体をあげてみると、「転職サイト」「転職エージェント」「ハローワーク」「求人情報誌」「新聞の求人欄」「人脈」などがあります。

 

 「転職サイト」は、全国各地から集まる求人数が膨大で、業界や職種に多様性があることが特色です。

 

 「転職エージェント」には、非公開求人や独占求人といわれる優良な案件が集まり、キャリアコンサルタントの個別サポートを受けることができます。

 

 

「ハローワーク」「求人情報誌」「新聞の求人欄」は、地元の採用情報に強い反面、一般職の求人が多い傾向が強いです。

 

 そして40代が最も活用頻度が高くなる「人脈」は、紹介者がいることで、採用活動がオープンになっていない求人にいち早くアプローチできる可能性があります。

 

求人探しだけでなく情報源として使う

 

 求人情報媒体にいろいろな種類があるのは、得意分野が異なり、求人が重なりにくいからです。複数の求人情報媒体を併用すれば、応募可能な求人情報を、より多く得ることができます。

 

 また、求人情報媒体によって、提供するサービスが異なるので、情報源として活用することもできます。少しでも有利に転職活動を進めるために、必ず二つ以上を併用しましょう。

 

<関連記事>
転職エージェントを活用しよう
転職サイトはスカウト機能
正規雇用の現実と非正規雇用の現実を考え、その違いを露にしていきます


トップページ 40代転職5ステップ トップページ