転職サイトはスカウト機能

転職サイトのスカウト機能の使い方

 

 転職サイトのスカウト機能は、本来は広告主である企業が、自社の採用にマッチする人材を、サイト内に経歴レジュメを公開している求職者の中から探すことで、採用活動を充実させるためのサービスです。

 

 ですが求職者にとっても、自分個人の経歴に興味をもってくれた企業から直接アプローチを受ける方が、自らエントリーする会社より、面接に進めいやすいというメリットがあります。

 

 

レジュメは匿名で作成できますし、特定の企業がアクセスできないようにブロックをかけることもできるので、転職サイトに登録しているなら、フル活用すべきでしょう。

 

オファー数をあげるポイント

 

 とはいえ、40代ともなると、それまでの仕事内容で市場価値の個人差が激しく、レジュメを公開したからといって、すべてのひとにオファーが届くわけではありません。

 

 ここで大事なのが、経歴レジュメが読みやすくまとまっているかどうかです。ただ文章を羅列しただけでは、企業の採用者の目にとまることはありません。

 

 過去の仕事の実績といまできること、自分が考えるキャリアビジョンが的確に伝わるように、オファー数をチェックしながら、レジュメをブラッシュアップしていきましょう。

 

<関連記事>
求人情報媒体の特色を理解する
転職エージェントを活用しよう
正規雇用の現実と非正規雇用の現実を考え、その違いを露にしていきます


トップページ 40代転職5ステップ トップページ