正規雇用の現実と非正規雇用の現実を考え、その違いを露にしていきます

先の心配をする必要性の違い

 

 今現在のことだけを考えて生きる、なんて、現代社会ではできるはずもありません。将来のことを考えなければなりませんし、それを考えつつ仕事を探したり職に就いたりしなければならないのです。

 

 仕事を探すと言えば、正規雇用として働くか非正規雇用として働くかも、とても重要な選択となるでしょう。

 

 この2つの働き方には、例えば、先の心配をする必要性に関する違いがあります。先の心配を過剰にする必要のない正規雇用と、先の心配をしないわけにはいかない非正規雇用。この違いはかなり大きいのではないでしょうか。正規雇用社員の中にも先を心配する人はいると思いますが、非正規雇用社員ほどではないはずです。

 

非正規で正規ほど稼ぐのは困難です

 

 稼ぎ、収入、給料などという言葉に敏感なのが社会人。生きることを繋ぐために必要な要素ですから敏感なのは当然でしょうし、むしろ敏感な方がいいのかもしれません。

 

 正規雇用と非正規雇用では、これらについても大きな違いがある現実があります。年収では、なんと300万円の違いが。1年に300万円稼ぐのも決して楽ではないと思いますが、正規雇用社員と非正規雇用社員のそれぞれの年収を平均すると、これほどの差が出てきてしまうのです。

 

 どのような職種であったとしても、非正規雇用の社員で正規雇用の社員ほど稼ぐのは困難なのかもしれません。年齢が上がれば上がるほど、その差は開くばかりでしょう。

 

日本ではまだまだ厳しい非正規雇用の風当たり

 

 規律正しく、和を乱さないという国民性を日本は持っています。しかし、これが非正規雇用を見る目を厳しくしている現実もあるようです。

 

 大人になれば社会人として働くのが当たり前。そして、その社会人というのは正規雇用社員のことを指す。そんな風潮が日本にはあるので、非正規雇用社員に対する風当たりが非常に厳しいのです。

 

 どんな職種でも正規雇用として会社に勤めていれば、そうした目で見られることはないでしょう。しかし逆に、どんな職種でも非正規雇用としてしか働いていないのであれば、「大人なのに」などと思われてしまうことから免れることはできません。

 

 

<関連記事>
求人情報媒体の特色を理解する
転職エージェントを活用しよう
転職サイトはスカウト機能


トップページ 40代転職5ステップ トップページ