履歴書のチェックポイント

履歴書のチェックポイント

 

 40代の求職者に履歴書で真っ先にチェックするのは、募集職種に関連する職歴があるかどうかです。

 

 人件費の高い40代を採用するにあたって、即戦力となる専門スキルがあるのは最低限の条件であり、求人によっては管理職経験の有無で、書類選考通過率にも差が出ます。

 

 

履歴書の段階で、個人で実績をあげることも、組織運営を行いチームで業績アップを目指すマネジメントを行うこともできるとアピールできれば、書類選考通過率を高くすることができるでしょう。

 

志望動機でアピールすべきこと

 

 40代の求職者が履歴書で最も力を入れるべきポイントは、「志望動機」です。企業研究を行った結果、把握した応募企業が求めるニーズに対し、自分がどう貢献できるのかを、しっかりアピールするのです。

 

 その際、自分のどんな経験を活かして、どんなふうに貢献できると考えているのかを、より具体的に書くことがポイントです。

 

 また、自分が描くキャリアビジョンと、応募企業の事業ビジョンがいかにマッチするかをアピールするという方法もあります。

 

 自分を採用することで、企業が得られるメリットは何かという視点で、「志望動機」を組み立てましょう。ここで関心を引ければ、面接に進みやすくなります。

 

<関連記事>
職務経歴書のチェックポイント
履歴書・職務経歴書の対策


トップページ 40代転職5ステップ トップページ