必ず聞かれる質問は対策をとっておく

転職面接で必ず聞かれる質問

 

 どの企業の面接であっても、必ず聞かれる質問があります。

 

 その例をあげてみると、「自己紹介」「過去の職歴や前歴について」「志望動機」「応募企業でなければならない理由」などです。

 

これらの質問に対しては、1〜2分で回答できるように、あらかじめ考えておく方が良いでしょう。
 中でも「志望動機」と「応募企業でなければならない理由」は、自分の過去の経験や体験談を盛り込みながら、自分が入社したいという意欲だけでなく、過去の経験から入社後に貢献できると考えていることも、合わせて伝えることがポイントになります。

 

40代の応募者だから聞かれる質問

 企業にとっては、ほかの年代より人件費の高い40歳の採用には、慎重な姿勢をとるはずです。
 採用という投資を、いかに短期間で回収できるのかが、採否に大きく影響します。
 そのため、「あなたを採用する当社のメリット」について、質問する企業が多いのです。
 具体的なエピソードを盛り込みながら、何を根拠に利益貢献ができると考えているのかを、きちんと答えられるように準備しておきましょう。
 特に、リーダーシップやマネジメントスキルを発揮した仕事の実績は、必ず盛り込むことを意識してください。

 

 

<関連記事>
本番で困らない面接対策
面接でのNG集
40代未経験の転職を目指すならお礼状を書こう


トップページ 40代転職5ステップ トップページ