40代未経験の転職を目指すならお礼状を書こう

40代未経験の転職でお礼状が必要な理由

 

 通常、企業が40代を中途採用する際には、即戦力として、成果をあげることを期待しているものです。そのため、未経験職種への40代での転職は、難しいのが現実です。

 

 一方で、現職の業界の将来性に疑問を感じ、異業種への転職を考える40代は増えつつあります。だからこそ、未経験職種の転職面接を終えたら、お礼状を書く習慣をつけてほしいのです。

 

 というのも、40代ともなれば、自分のスタイルが固まっているものですし、未経験職種の場合、年下の上司に指導を請うことも多くなります。その際、謙虚な姿勢で仕事を覚える覚悟があるかどうかが、お礼状を出すという行為に現れるからです。

 

 面接してくれた企業に対するお礼状を出すという気配りができれば、職場になじみやすいと考えてもらえる可能性が高まるのです。

 

お礼状には何を書くべきか

 

 お礼状には、まず面接の時間を設けてくれたことに対する、感謝の気持ちを真っ先に書きます。そして、面接官に話してもらった業界や職種の動向、仕事内容に対する興味・関心に加え、話を聞いたことで入社意欲が高まったことを、きちんと明文化します。

 

 さらに、未経験ではあっても、入社後のどのように仕事に取り組んでいきたいと考えたのかを書き、謝意を重ねて結びとします。この際、社外向けのビジネス文書の書式にのっとり、マナーを守り、誤字脱字のないお礼状を書くことが、大前提となります。

 

 また、文書だけでなく、封筒の宛名書きにも注意が必要です。そして、面接当日にお礼状を出すのが基本ですので、どんなに遅くても、翌日の朝には投函できるように、パソコン作成で構いませんので、基本の定型文はつくっておくことをおすすめします。

 

 

<関連記事>
必ず聞かれる質問対策
本番で困らない面接対策
面接でのNG集


トップページ 40代転職5ステップ トップページ