退社の手続き

円満退職のための手続き

 

 40代が退職トラブルを起こすと、転職先でも受け入れを検討し始める可能性が高くなるので、円満退職できるように、きちんと退職スケジュールをたてておくことをおすすめします。

 

 40代ともなれば、職位がついているひとが多いと思いますので、後任人事と引き継ぎ期間を考慮して、自分なりに計画をたてておき、さらに会社側と話し合って、譲歩するように心がけてください。

 

 

退社日が確定するまでは、内定先に対し、入社日の確約をしてはいけません。 就業時間外に転職先に顔を出すことはできると思いますので、そういう形で入社準備を進めましょう。

 

退社日当日の手続き

 

 退社日当日は、まず会社から貸与されたもの、会社の経費で購入したもの、会社の業務で使用したもののすべてを返却します。

 

 この中には、通勤定期券や、業務中に取引先からいただいた名刺、在職中の制作物、各種資料やデータも含まれます。

 

 私物のパソコンを業務で使用していた場合、データはすべて削除するのが原則です。メーラーに登録された取引先のアドレスに至るまで、すべて消去してください。

 

 そして、会社から「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「離職票」「源泉徴収票」を受け取れば、それですべての退社手続きは終了です。

 

<関連記事>
入社の手続き
入社挨拶での注意点
転職時の引き止めの初期段階から最終段階までの対応を知っておきましょう
入社、そして試用期間から本採用へ進むために40代の転職者が意識したいこと


トップページ 40代転職5ステップ トップページ