40代転職5ステップ

 40代が応募可能な求人は増えているものの、キャリア採用の条件の良いものから、契約や嘱託といった非正規雇用まで、内実は珠玉混合なので、自分の希望が叶うように、きちんと計画をたてて準備してから活動を始めるのがセオリーです。

 

 

40代の転職市場価値を知る

 40代で転職活動を始めるときには、まず自分の市場価値を知ることが大切です。

 

 自分のキャリアやスキルが市場でどう判断され、それを踏まえてどう転職活動を進めるのか、求人探しや企業研究、応募書類の作成にどれくらい時間がかかるのかを考慮して、計画をたてましょう。

 

 

<関連記事>
40代の転職実績
市場価値を知って戦略を練る
転職にはタイミングがある
休職中の転職活動は有りなの?その答えがわかります

 

 

目的に合った求人探し

 40代なら、一社でも多くの応募可能な求人を見つけることが、希望の転職を果たすために重要なので、求人情報媒体は複数を併用するのが基本です。

 

 キャリアアップが前提なら転職エージェントを使うなど、求人情報媒体の特長を知って、使い分けましょう。

 

<関連記事>
求人情報媒体の特色を理解する
転職エージェントを活用しよう
転職サイトはスカウト機能
正規雇用の現実と非正規雇用の現実を考え、その違いを露にしていきます

 

 

履歴書や職務経歴書

 40代ともなれば、履歴書の志望動機欄に意欲と採用のメリットを盛り込んでおかなければ、職務経歴書まで読み進んでもらえません。

 

 職務経歴書も、自分のアピールポイントに注視してもらえるよう、フォーマットを選びましょう。

 

 

<関連記事>
履歴書のチェックポイント
職務経歴書のチェックポイント
履歴書・職務経歴書の対策

 

 

 

面接でのアピール方法

 40代が面接で企業に伝えるべきことは、自分を採用した後のメリットです。

 

 これまでの経験をどのように活かして利益貢献ができるのかを、具体的なエピソードを添えて、説明しましょう。

 

 それと同時に、自分が入社すべき企業がどうかを、見極める機会にしてください。

 

 

<関連記事>
必ず聞かれる質問対策
本番で困らない面接対策
面接でのNG集
40代未経験の転職を目指すならお礼状を書こう

 

退職と入社準備は万全に!

 40代ともなると、同じ業界や職種での転職が圧倒的に多いので、現在の人的ネットワークを有効活用できるよう、円満退職することに注力してください。

 

 また、入社後は即戦力としての成果を期待されるので、取引先やライバル会社の分析など、しっかり下調べしておくことをおすすめします。

 

<関連記事>
退社の手続き
入社の手続き
入社挨拶での注意点
転職時の引き止めの初期段階から最終段階までの対応を知っておきましょう
入社、そして試用期間から本採用へ進むために40代の転職者が意識したいこと

 

 


トップページ 40代転職5ステップ トップページ